毒にも薬にもならない

だいたい旅行記

大塚国際美術館へ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sugatewi/20171004/20171004165440_original.jpg?1518178917

行ってきました。これも2017年10月のおはなし。

流れとしては

神戸どうぶつ王国 → 三宮 → 高速バスで高速鳴門 → 徒歩で鳴門駅前 → 一泊 → 翌朝バスで大塚国際美術館

といったところ。

今回の旅行のメインイベントです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sugatewi/20171004/20171004094340_original.jpg

このシスティーナ礼拝堂のレプリカであるシスティーナ・ホールを見るだけでも来た価値はあったと思います。

入場してすぐなのでいきなり圧倒されます。

 

で、あれこれ写真は撮った来たんですが、ブログへ上げるものでもないよなーと。

すべてがレプリカとはいえ世界中の名画が集まっているこの施設。

わざわざ一点一点ブログに上げるのも野暮というもの。

 

美術に疎い自分でも見たことのある作品が山のようにあるので、大抵の人は楽しめると思います。

ちょっと紹介するのであればここらへんでしょうか。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sugatewi/20171004/20171004135213_original.jpg?1518179365

最後の晩餐、有名ですよね。

なんと修復前、修復後を鑑賞することができます。しかも同時に。

複製ならではの贅沢な楽しみ方です。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sugatewi/20171004/20171004122818_original.jpg

あと、オタク的にはガンダムUCで一躍有名になった貴婦人と一角獣、我が唯一の望み。

2013年に催されたオリジナルの国内展示には行けなかったので、こういった形でも見ることができたのは嬉しかった。

 

展示数が凄まじいので、楽しみ方も千差万別。

美術的な観点から楽しむのが王道かもですが、オタク的な視点からも楽しめたります。

過去の英雄を題材にした作品が山とありますので、FGOを遊んでいる人もニヤリとなります。

 

入場料が3240円と高くはあるのですが、入ってしまえばそんなことは忘れてしまいます。

しかし時間はたっぷり必要です。恐ろしいことに今回私は開館から閉館まで居ました。

そこまでじっくり見ているつもりがなくても、です。

途中で鳴門海峡うずしお観潮船に乗りに行ったものの、それでも予想を大幅に上回る滞在時間でした。

短時間で出てしまうのは勿体無い施設ですので、是非時間に余裕を持って楽しみたいところ。

 かなり歩くので、歩きやすい靴でどうぞ。

 

o-museum.or.jp

広告を非表示にする